『オフィス移転の費用の相場は?』|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

『オフィス移転の費用の相場は?』

オフィス移転には一体いくらかかるのか

オフィス移転の担当となった方は、それに伴いどれほどの費用がかかるのか、その相場を知っておきたいことと思います。

そうでないと、どのくらいのビルに移転できるのかも決められませんし、そもそも選択肢も見えてこないことにもなります。

どういったところにどれくらいの費用がかかるのかは把握しておかないといけませんよね。そうしたオフィス移転にかかる費用の相場について、項目に分けてご説明します。

項目別、オフィス移転の費用相場

・引っ越し費用

“物品の移動作業”に限ると、従業員一人当たり2~3万円ほどの支出になります。

これは、デスクやイス、什器やパソコンといったものを物理的に移動するための費用で、どこまでを作業してくれるかは業者によって異なるケースが多いです。

また、エレベータの有無や、クレーン作業の必要性の有無などによって費用はかなり左右されます。

・内装・間仕切り工事の費用

新しいオフィスに行う工事費用のことで、設置するパーティションの種類や質などで費用は大きく変わってきます。

・電気・電話・LAN配線工事の費用

相場として、坪当たり1万円~2万円程度、もしくは1ポート2万5千円~4万円×設置するポート数といった考え方をします。

オフィス移転業者が行うか、それか外部業者に委託するかによって、この費用はかなりの違いが出る部分です。

・廃棄処理の費用

4トン車1台分で大体15万円前後という相場の情報があります。

これはオフィスの契約によって変わる部分で、廃棄処分がかからない場合もありますが、かかる場合ですと、企業から出るゴミは産業廃棄物扱いとなるのでこれほどの処分費用がかかってしまうのです。

・原状回復費用

古いオフィスから退去する時は原状回復をしなければいけないのですが、その「原状回復費用」の相場は、坪当たり2万円~5万円程です。

ただ大規模なオフィスなどでは、坪当たり5万円~10万円ほどはかかってしまいます。

この項目においては特に費用の相場は幅が広く、古いオフィスの状態や規模、立地、委託する業者など様々な要素によっては、ご紹介したこの枠に収まらないケースは数多くあります。

相場について断言できない部分が大きいので、特にこの費用相場は参考程度に捉えてください。

ですが、例えば今までのオフィスのものを半分そのまま使うという場合は、単純計算社員一人当たり10万円で済むわけですし、リースプランといったサービスを利用することでも減額は可能な項目です。

まとめ

オフィス移転にかかる費用の相場をご説明してきましたが、こうした費用というのは、依頼する業者や、その業者にどこまでを依頼するか、またその業者が要望に対しどれほどの金額で応じるかなどの本当に多くの箇所によって、実際にいくらかかるかというのが大きく変わってしまいます。

そのため、今までご説明した相場を大きく超えた費用がかかる場合というのも少なくありません。

ですから、例えばオフィス移転で依頼する業者を見る際は、どれだけの費用がかかるのかを考えるのではなく、そのかかる費用に対して、どれだけコストパフォーマンスに優れているかという見方をする、などのような観点が重要となる部分があるのです。

あくまで参考程度に捉えて、かかる金額だけではない部分にも目を向けるようお勧めしたいと思います。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)