オフィス移転を格安で行う方法|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

オフィス移転を格安で行う方法

意外とかかるオフィス移転費用!

オフィス移転の担当者が頭を悩ませることといえば、オフィス移転費用です。予算内でできるだけ簡単に、場合によってはお釣りが出るくらいの格安価格でオフィス移転を請け負ってくれる業者があれば嬉しいですよね。そもそも、オフィス移転にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

まずは新オフィスの立地です。都心3区などオフィスビルが林立するような地域では賃料の相場が高くなります。

また、工事にも多くの予算をかけなければなりません。引っ越し工事、内装工事、インフラ整備工事、セキュリティ工事など新規開設に欠かせない工事をしていると、坪ごとに予算がかかります。

 格安でも質を落とさないことが重要

しかしオフィス移転の担当者としては、それでも予算を低めに抑えたいのが本音ではないでしょうか。インターネットで調べただけでもオフィス移転を請け負う業者はたくさんあります。

業者が提示する予算を比較すれば最安値と言える業者を見つけることができるでしょう。同じサービスを受けられるのなら最も低い料金で工事を請け負ってくれる業者が最適です。

ですが、一部の業者の料金が格安なのには理由があります。低価格をうたっている業者の中には依頼していたはずの工事を見積書に記載しない、手抜き工事をするといった トラブルを起こす業者もあります。

もし金額が安くても、質の悪い工事をされてしまえば再工事の手間がかかります。安くてもしっかりと工事をしてくれる業者を見極めましょう。
では、優良会社を見極めるにはどうしたらよいのでしょうか?

優良会社の見分け方!

インターネットを使用すればオフィス移転業者の比較検討は容易です。 しかし比較検討する数ばかり気にしてしまうとそれぞれの業者に割ける時間が減ります。

信頼できる業者かどうかは見積もり時に判断するのが適切ですので、比較検討する業者は3社程度にしぼります。その後じっくりと打ち合わせをすることで、安心して頼める優良会社が見つかります。予算のことも相談すれば安くしてくれることがあるでしょう。

見積もりの時間を確保するためにオフィス移転のスケジュールは早めに立てておきましょう。余裕があるとコスト削減につながります。

また、オフィス移転を依頼する業者は一緒にまとめるとコストが減ります。内装工事、引っ越し、配線工事などをそれぞれ別の会社に依頼すると手配が面倒ですし割引もありません。 移転はワンストップで行うのが移転費用を格安にするコツです。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)