オフィス移転にかかる費用の概算の出し方|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

オフィス移転にかかる費用の概算の出し方

何にどれだけかかるのか?

オフィス移転には多額の予算が必要です。しかし、何にどれだけかかるのかはあまり知られていないのではないでしょうか? 正確な予算作成のためにもオフィス移転の費用の概算は出せるようにしておきたいものです。

オフィス移転にかかる費用は現オフィスの退去費用、引っ越し費用、新オフィスの新規開設費用に分けられます。

移転に必要な工事にかかる費用の概算は引っ越し専門業者と相談すればわかるものですが、例えば今使っているオフィスの明け渡し日までの家賃はこちらで計算しておきます。

基本的には日割りで計算されますので、オフィスの賃料×期間を30で割ってみてください。
保証金などの委託金は賃料の12ヶ月分になります。

これらの不動産に支払う費用は引越し業者の見積もり前から算出できますので、できるだけ早めにやっておきましょう。

必要な工事と費用を掛け算する

オフィス移転に必要な工事と業者が提示している費用を掛け算すれば移転工事費の概算が出せます。

業者にもよりますが、ネットワーク工事は1ポート2万5000円×人数で計算すると良いようです。通信工事も1ポート1万2,000円×人数で計算します。

内装・間仕切り工事の相場はオフィスの仕様によって変動します。原状回復工事は1坪あたり2万~5万円ほどかかります。

一般オフィス部分の内装・間仕切り工事は坪単価10万円です。

廃棄物の引き取り廃棄工事費用の概算はトラック1台あたりの費用で算出します。 4tトラック1台あたり15万円かかります。

電気工事費用は業者によって幅のあるところです。1平方メートルあたり5,000円から15,000円の間で請け負っている業者が多いようです。移転に必要な工事費の概算を出す時は、依頼する業者が提示する金額を間違いなく確認しておいてください。

引っ越し業者に依頼しない分の費用も忘れずに!

その他、オフィス移転には様々な費用がかかります。オフィス移転の案内状の作成は自分たちですることになるでしょう。印刷は業者に依頼するにしても、引っ越し業者に支払う費用とは別にかかりますので要注意です。

新しい家具の購入も注意するべきポイントです。 個人のデスクとチェアのセットで10万円ほどの予算が必要になります。 会社で購入する場合は家具購入費の概算も出しておくと便利です。

手数料も忘れてはならないポイントでしょう。オフィス移転を複数の業者に依頼すると、利用した業者の数だけ手数料がかかります。一つの業者に一括で任せるワンストップ形式であれば手数料が抑えられますが、 請求される費用ではありますので事前にしっかりと把握しておきましょう。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)