オフィス移転でお花を送る際のマナー|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

オフィス移転でお花を送る際のマナー

マナーに沿った祝いのお花を贈るために

オフィス移転のお祝いとしてお花を贈るのなら、相手の方に失礼なく贈り、そして気持ちよく受け取って頂きたいところです。

その思いや考えは、取引先との関係向上にも繋がっていますので、オフィス移転のお祝いでお花を贈る(送る)際の基本的なマナーを押さえて、しっかりと贈るようにしましょう。

お花を贈るタイミングや相場についてのマナー

オフィス移転をお祝いするお花は、移転日の前日から移転後2週間以内には届くようにしましょう。

生き生きとした新鮮なお花をお祝いとして贈りたいなら、移転当日の午前中に届くように手配するのが基本なのですが、移転当日は引っ越しなど、相手の都合などによっては受け取りが難しい場合がありますので、確実に受け取ってもらえるように予定や都合の良い時間帯を聞いておくなどをした方が良いでしょう。

また、お披露目会やイベントがある場合は、前日や開始前には届くように準備をしましょう。

そして相場についてですが、一般的な目安としては「一般的なお付き合いの取引先相手には1万円~2万円」、「親しいお付き合いの取引先相手には3万円~5万円」であるとされています。

何にせよ、相手の企業規模やお付き合いの深さを考慮するようにしましょう。

立て札やメッセージカードを添えること

オフィス移転で祝いのお花を贈る場合、立て札を添えて贈るのがマナーの一つとされています。

その立て札の中には、記入すべき情報と書き方がありますので、このポイントを把握しましょう。

まず表書きには、朱書きで「祝御移転」「移転祝」「移転御祝」などとし、贈り主名は黒字で、「個人名」あるいは「会社名」「会社名・代表者の役職と名前」を記入します。

そして同じく黒字で贈り先名として、「会社名」または「店名」を記入するのです。

また一般的にビジネスシーンのお祝いでは、木札を使って、縦書きでこれらの情報を記入します。こうした立て札を添えて、受け取る人に贈り主の情報をパッと見てわかるようにしています。

他にも、郵送で送る場合には、メッセージカードも添えるようにしましょう。

そのカードに、「なぜこのお花を選んだか」や「どういった思いでこのお花を贈ったか」などを書き込み、お祝いの気持ちをしっかりと伝えることが大事です。

特に花言葉を知らない方は多いので、花言葉を基に花を選んだのなら、その花言葉もメッセージ内に書いて贈ると、より気持ちが伝わります。

仮に4月に贈るのにガーベラを選んだとした場合のメッセージ文の一例として、

「ご移転おめでとうございます!新しいはじまりにピッタリの4月、ますますのご発展を祈念してガーベラを贈ります。花言葉は「希望」。これからの〇〇さんが、たくさんの希望とともに素晴らしい人生を歩まれますように。」などがあります。

もちろん、相手の方との関係の深さなどによって文体などを変えたりしましょうね。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)