オフィス移転の市場の変動|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

オフィス移転の市場の変動

オフィス移転の相場とは?

オフィスを移転するにはお金がかかります。社員の手作業による引越しもありですが、必ずどこかで業者に頼ることになります。

また、 新しいオフィスを使おうと思えば工事費やインフラ整備費などもかかってきます。このようにオフィス移転にかかる費用には、ある一定の相場や市場があるようです。はじめにオフィス移転の相場をご紹介します。

まずは原状回復工事費です。使用しているオフィスを退去する時にかかります。坪単価で2~5万円程度です。大規模なオフィスでは5~10万円ほどかかるのが一般的です。
明け渡し日までの家賃と水道光熱費などもかかります。
次に引っ越しにかかる費用です。 引っ越し費用は従業員一人当たり2~3万円ほどの支出になります。新しいオフィスに持ち込むものの数や大きさで決まります。引越し業者に依頼せずに従業員だけでやるやり方もあります。

重機などの廃棄処理費は 2 Tトラック1台につき8万円ほどかかります。移転の前にあらかじめ不必要なものを処分しておくと廃棄処理費が減ります。

従業員で引っ越しをしようとするとかなり手間はかかりますが、経費削減の面では工夫のしどころです。

新しいオフィスに移転する際には内装工事費がかかります。壁や床の塗装や壁紙の貼り付けなどが、これにあたります。一坪10万円ほどが相場です。グレードアップしようと思うともう少しかかります。

家具購入費は椅子と机周りで5~10万円かかると言われています。 電気やLANなどのインフラ整備費が 従業員一人につき5~7万円、保証金などの委託金が賃料の12ヶ月分程かかります。

現在のオフィス移転市場動向とは?

さて、引っ越し費用などを除けば、オフィス移転にかける費用は新しいオフィスがどのようなものかにかなり依存します。具体的には不動産の評価です。オフィスの中心地は千代田区、中央区、港区の都心3区に渋谷区と新宿区を加えた地域です。

オフィス需要が非常に高い地域ですので、これらの市場の動向がオフィス移転の基準になると予め考慮しておきましょう。

オフィス移転市場は景気に左右される

オフィスを借りようと考えたときに気になるのが賃料です。オフィスの賃料は景気に左右されます。

好景気になるとオフィス移転をしようと思う企業が増えます。そのため、オフィスの賃料が高くなりがちです。
ただし小さいオフィスやレンタルオフィスの場合はその限りではありません。特にレンタルオフィスは不景気の時でも賃料が上がりにくい傾向にあります。

コスト削減を希望するならレンタルオフィスも視野に入れておくとよいでしょう。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)