『オフィス移転でお祝いを送るときのルールと定番は?』|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

『オフィス移転でお祝いを送るときのルールと定番は?』

オフィス移転でお祝いを送るときのルールと定番は?

お世話になっている会社がオフィス移転をする場合に送るお祝いには、マナーやタブーといったものがあります。そういったビジネスシーンでのルールなどをまとめましたので、見ていきましょう。

まず、お祝いのタイミングですが、基本的にはお祝いの品というのは早めに送る方が好ましいです。

また、引っ越しの日が明確である場合、引っ越しの迷惑になってしまいかねませんので、相手方の対応が必要になるギフト(花など)は当日に送ることを避けた方が良いです。

つまり適したタイミングというのは、お祝いとして贈ろうとするギフトの内容によって、それぞれ違うということになります。

その中で、先方の迷惑を避けるために少し落ち着いたのを見計らってお祝いを送るなど、お祝いが遅くなってしまう場合は、まずお祝いのメッセージをメールで送り、その気持ちを伝えるという行動や考え方が大事です。

勧められる贈り物

オフィス移転でのお祝いとして、一般的にオススメされる贈り物は、まず「現金」が挙がります。

オフィスの移転で物入りですから、有意義に使ってもらえるものとして勧められる一方で、現金では味気ないと感じる方もいることには注意が必要かもしれません。

同じ理由から「商品券」や「カタログギフト」もオススメできます。ただ、これらは相手に合わせたお店や内容を選ぶことが大事です。

また、移転祝いとして現金や商品券、カタログギフトを贈ることは、仮に先方が目上の方の場合であっても失礼にはあたりませんので、その点はご安心ください。

シャンパンや日本酒など、お祝いシーンには欠かせない「お酒」も贈り物の定番です。ワインの場合、「紅白」という意味合いで、赤と白のものをセットで贈ればよりおめでたくなりますよ。

「幸福が飛んでくる」という花言葉を持つ胡蝶蘭もまた、オフィス移転での贈り物に最適な一品です。

また、鉢植えは「根付く」という捉え方から、長く繁栄するという意味を持ち、縁起が良いとされておりますので、余計に適しているのです。

こうした置物を贈る場合は、先方のオフィスの雰囲気やスペースに沿うサイズのものを選ぶように注意してください。

オフィス移転祝いのタブー

まず相手方の移転理由を確かめましょう。

移転理由によっては、事業縮小などといったあまり喜ばしくない理由もありますので、そうした場合はお祝いを贈ってはいけません。

もちろん好意的に取れる移転理由であっても、相手方がお祝いの受け取りを辞退しているのなら、同様に贈らないようにしましょう。

贈り物としてのタブーは、開業祝いなどと同じく、火を連想させるものは贈ってはいけない、とされています。

例えば、ライターや灰皿、キャンドル、ヒーターといった電化製品などの火器類はわかりやすく火事を連想させますし、真紅や赤の花も赤字を連想させ縁起が良くないとされていますので、贈らないようにしましょう。

なかにはそういったジンクスを気にしない方や、そもそも知らない方というのもいますが、わざわざリスクを負ってまで贈ることはありませんので、こうした贈り物は避けるのがベターだと言えます。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)