『オフィス移転をするべき3つの理由』|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

『オフィス移転をするべき3つの理由』

理由1「事業の拡大や縮小」

組織の規模が拡大してきて、今現在のオフィスに社員や様々な物資が収まらなくなった、ともあればオフィス移転をするべき理由の一つとなります。

それらによってかなり圧迫感や窮屈な思いを社員が抱けば、不満やフラストレーションが溜まることになり、当然モチベーションや業務効率が落ちることになるからです。そうしたことから、事業の規模拡大を見越して計画を立てる先見性が必要と言っても差し支えはないでしょう。

またその際は、新しいオフィス移転先で何が求められているのかを具体的にしっかりと把握することが大事な検討ポイントです。逆に、事業を縮小する場合も、経費削減の観点から同様のオフィス移転の理由として挙げられます。

ただ、如何な原因や起因によるものでも前向きな理由を見出してオフィス移転をする考え方が大事で、例えば「規模は小さくなるけれど、その分社員同士のコミュニケーションを活発にできるオフィスにする」などの前向きさならオフィス移転を行う社員の方々のモチベーションや気持ちの拠り所となります。

理由2「好立地への改善」

オフィスを構えることにおいてその賃料の安さというものも大事な部分なのですが、その安さを取るが故に立地が良くないところに居を構えていると経営に悪影響が及ぶ可能性があります。

例えば、取引先が多いエリアに近い立地を選ぶことや、都心部への営業を中心的に行うのであれば、交通手段が不自由ないところを選ぶことが、直接的な業務の能率アップに繋がります。

また逆に、業務を行う上で外に出ることがあまりないというのであれば、郊外にオフィスを置いてもいいでしょうし、こうすることでオフィスの賃料を安くでき、経費の削減を狙えることもできるはずです。オフィス移転をするべき理由にはこうした要因もあるのです。

理由3「社員の満足度や定着度の改善」

オフィスに何かしらの問題があることで、社員のオフィスに対しての満足度が低く、また社員の定着度が悪い原因にもなっていることがあります。

そのオフィスが明るい空間であるか、休憩スペースはあって息抜きができるか、また共有部分は綺麗なのか、などの点は社員のモチベーションを左右するものです。

特にトイレに清潔感や機能性があるか、近場にランチをするところがあるかなどのポイントは、女性社員の働きやすさや定着度に深く関係しています。具体的に一例を挙げれば、そのオフィスのトイレが男女共有のものであったりすれば、女性社員はとても働きづらいです。

そうした多くの社員にとっての働きやすさを改善したり、内外を問わずオフィスの充実度を向上させていくことが、働く社員の満足度や定着度に良い影響をもたらし、それがひいては組織全体のためになるわけです。この点で問題があるのなら、オフィス移転を考える大きな理由の一つとなっているのです。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)