『オフィス移転市場動向・規模など』|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

『オフィス移転市場動向・規模など』

オフィス移転の市場と関係のある景気

オフィス移転を考える上で重要なものの一つに、その時々の市場動向を把握することを挙げられます。

オフィス移転における市場動向は景気に左右される傾向にあり、好景気であれば賃料(市場価格)は高くなります。なぜなら、景気が良くなればその分オフィスに対しての需要もまた高まるからです。

そしてその景気動向を見る指標と成り得るのがオフィスビルの空室率や家賃(賃料)上昇率という数字なのです。
オフィス移転をする際にはこうした傾向を見据え、オフィスの物件選びをする必要性と重要性があります。

オフィス規模別に見る、実際の市場動向

市場の動向を探る上で、基準となるのはやはり東京周辺です。都心三区と呼ばれる、千代田区、中央区、港区の三つだけで東京の全オフィスの半分があると言われ、さらに新宿区と渋谷区を加えれば全体の七割に達する規模です。

では、実際にそうした首都東京の市場動向について、オフィスの規模毎に見てみましょう。千代田区の過去二年間(2018年現在)のオフィスの空室率と平均賃料の推移を見ると、20~40坪の小規模オフィスから100坪以上の大規模オフィスまで空室数が減り、それにより平均賃料が統計を取る月ごとに上昇傾向が見られます。

中央区においては、ゆるい上昇や下降を繰り返し、特に一年間では全体的に比較的安定した平均賃料となっていますが、推移で見ると下降傾向にあるようです。

一方の、空室数も統計を取るほどに減っております。港区の平均賃料もまた右肩上がりになっており、空室数も他同様に少なくなっています。この三区の平均賃料の絶対値を比べると、大規模オフィスは港区と千代田区が高い傾向にあり、中央区は他の二区よりも全体的に低い傾向にあります。

そして空室数(空室率)の推移では三区ともに減り続け、増えることがほとんどありませんでした。

地方都市はオフィス需要がひっ迫状況に

上でご紹介したのはあくまで東京の、それも三区に絞った市場動向です。

東京では2020年に開かれる東京オリンピックの特需期待やアベノミクスの景気拡大によって、大規模なオフィスビルが続々と開業し、これからオフィス数が大量供給され、空室率が増す予測が立っております。

ですが一方で、札幌や仙台、名古屋、大阪、京都、福岡などの地方都市においては空室率が低水準で推移し続ける見通しです。

つまり、東京の平均賃料は減少していき、地方都市は逆に上昇し続けていく予測がなされています。

これらのように、景気や政策、またオリンピックなどのような多くの要因によって、オフィス移転における市場というのは大小様々な変化をhttps://www.iten-kigyo.com/blog/wp-admin/post.php?post=159&action=edit#し続けるものです。

どういった地域、どういった規模のビルに、そしていつオフィス移転をするか、という判断と選択が大事なわけです。オフィス移転を考えるなら、こうした市場動向もしっかりとチェックしましょうね。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)