『オフィス移転時に喜ばれる花の種類と送り方』|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

『オフィス移転時に喜ばれる花の種類と送り方』

お祝いの花選び、ポイントを押さえて印象アップを狙いましょう

オフィス移転をする取引先に対してお祝いの花を贈りたい、けれど、どういった花がふさわしく、喜ばれるのかわからないし、贈り方のポイントもわからない……などでお困りの方もいることと思います。そうした方々に向けて、オフィス移転のお祝いにおすすめできる花や贈り方で注意するべきところをご説明します。是非、参考になさってください。

オフィス移転祝いに適した花の種類

オフィス移転のお祝いにふさわしいとされる花のタイプは、「胡蝶蘭」「観葉植物」「アレンジメントやブリザードフラワー」「スタンド花」の4種類であると言われています。

これらのタイプの中から、相手とはどういった関係なのか、どうお祝いをし、どう思われたいかなどの観点から選ぶようにするわけです。

例えば、失礼のないように無難なものを贈りたい場合は、白やピンクの「胡蝶蘭」が最適です。また、この4つのタイプのどれを選ぶのだとしても、オーダーする時は、お店の人にどういった色味の花を望み、またその花によって与えたい雰囲気やそのイメージを伝えるようにしましょう。

そうした考え方の中で相手の方に喜ばれる花選びは、贈りたい相手にコーポレートカラーやイメージカラーがあるのなら、その色を多く使ったアレンジを使う、といった配慮をすることなどです。

とは言え、それらのようなカラーがない場合、または知らない場合はどうすればいいんだ、と思われた方々もいるかもしれませんね。その場合には、季節を感じられるその時々の旬な花を選ぶことをおすすめします。

旬な花は、そうでない花に比べて長持ちする傾向がありますし、生き生きともしていますのでお祝いとして贈る花には最適なものです。その時に、旬の花の中から、相手の繁栄や成功を祈る気持ちが伝わるような花言葉を持つものを選ぶようにすれば、相手への印象も良くなることにも繋がりますので、この点も押さえてワンランク上のお祝いを贈りましょう。

一例ですが、1月であれば「博愛」「思いやり」の花言葉を持つチューリップ、
2月なら「門出」「優しい思い出」のスイートピー。

3月は「晴れやかな魅了」のラナンキュラス、
4月が「希望」「神秘」「我慢強い」が花言葉のガーベラ。

などのように、12ヶ月すべてにお祝いとして適した花言葉を持つ花がありますので、調べてみてください。

お祝いの花の贈り方のポイント

オフィス移転祝いとして花を贈る場合の方法は大きく分けて2つで「直接渡す」か「郵送する」かのどちらかです。

前者の場合であれば、持ち運びできるサイズのアレンジメントや鉢植えを選び、渡す際はお祝いの言葉とともに手渡しをします。

後者なら、相手が受け取れる時間帯に届くように手配をし、是非お祝いの気持ちをメッセージとして添えましょう。そのメッセージの中には、新しいオフィスへ移転したことを祝福する言葉の他にも、相手の企業が今後も活躍し続けることを祈る気持ちをしっかりと記しましょうね。

また、『お祝いの胡蝶蘭を贈ります。』などのように、贈った花の種類を書くのも一つのテクニックですよ。また、文体などは相手との関係性を踏まえ、適宜変えると良いでしょう。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)