『オフィス移転であらかじめ知っておきたい3つの注意点』|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

『オフィス移転であらかじめ知っておきたい3つの注意点』

注意点1:移転する場所

オフィス移転の際にあらかじめ知っておきたい注意点の中で最も重要なのは、移転先のことです。オフィスの立地によっては賃料が上がることもありますし、交通の便が悪くなってしまうこともありえます。

オフィスの周りの環境をしっかりとチェックしてどこに移転するかを決めましょう。

オフィス移転をするにあたって、前のオフィスとどう差別化していきたいのか。不満点を改善点とし、リストアップしていくと良いでしょう。

好印象なオフィスがあれば審査基準を確認しておきましょう。オフィスには審査があります。また、現在のオフィスの契約条件もしっかりと確認しておきましょう。

きちんと確認しておかなければ原状回復にかかる費用の目処がつきません。オフィスを出て行くにはどのくらいの期間がかかるかを把握しておけば、解約予告期間内に退去する報告ができます。

現在のオフィスとの契約違反にならないようにぬかりなくチェックしておきたいものです。

注意点2:必要な日程を確保すること

オフィス移転には多額の予算と時間がかかります。 しかもやることが多岐にわたるので、事前にきちんとスケジュールを立てておくことが何よりも重要です。

オフィスを退去するために必要な解約予告も半年以上前に設定されていることが多いです。

作業スケジュールを把握し、実行できるまでの期間もおおよそ半年くらいはかかります。早めにスケジューリングをして退去の報告をするようにしましょう。

手続きなどは少人数で少しずつ事前に行うことができますが、業者に依頼しないのであれば実際の引越し作業は従業員総出になるでしょう。オフィスの移転作業は業務に支障が出ない範囲で行う必要があります。
もし引っ越し作業を業者に依頼する予定があるのであれば、余裕を持って数社とじっくり打ち合わせをするのをおすすめします。

見積もりに時間をかけることによって、信頼できる業者かどうかが分かるためです。何せよ、スケジュールは前倒し気味で考えてよいでしょう。

注意点3:必要な手続きをもれなくチェックすること

オフィスの移転には多数の手続きが必要になります。 電気や水道、ガス、通信など、会社の機能を継続するために重要な連絡はもちろん、新しいオフィスに入れば内装整備もしなければなりません。

内装業者を手配しておきましょう。引越しも業者に依頼する場合は契約が事前に必要です。

前のオフィスも出て行く際に原状回復という工事が必須になります。この工事もしてくれる業者を探しておきましょう。 こうした手続きはプロジェクトチームなどを親切して対応するとスムーズです。

見落としがちなのが届出の問題です。会社の場所が変わったら、法務局、税務署、社会保険事務所などに報告しなければなりません。

また、郵便局にも転居届を出しましょう。懇意にしている取引先、銀行、新聞・雑誌をとっている店舗などにも忘れずに連絡するようにしてください。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)