『オフィス移転で実現する3つのコスト削減』|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

『オフィス移転で実現する3つのコスト削減』

はじめに

オフィス移転を効果的に行うことで、様々な側面でのコストを削減できる可能性があります。

そこで、オフィス移転でどういったコスト削減を実現できるのか、大きく分けて3つをご紹介します。

コスト削減対象その1:賃料

長年同じ場所のビルを借りているうちに、そのビルの建つ土地の相場が気づかぬ間に下がっていた、といったことがあります。

オフィス移転を考え始めたとき、他の多くの土地の相場を改めて調べ直すことになりますが、そうして調べていくうちに、今のオフィスビルよりも土地代は安いのに、良い立地の場所に移転できる。ということも出てきます。そうなれば、当然賃料は下がり、出費の大部分を占める固定費のコスト削減ができるようになります。

他にも、現在のオフィスの広さが余剰であるなら、その会社の従業員数や業務内容・形態に適した広さのオフィスに移転をすることでも、賃料のコスト削減を狙うこともできます。

コスト削減対象その2:交通費など

現在のオフィスが駅から遠い場所にあり、電車とバスを乗り継いでの出社しなければいけない状況の場合には、駅に近いオフィスに移転することで、交通費のコスト削減も可能になります。
この考え方は通勤だけではなく、よく訪問する取引先会社やクライアントがある場合、その近くにオフィス移転をすることで、今までは掛かってきた交通費を削減できるようになります。

また、業務を行う上でオフィスが駅の近くである必要がないのでしたら、郊外にオフィス移転をするということもコスト削減に繋がります。こうすることで、賃料を下げることができ、より働きやすい環境を整えることができる、といったメリットを得られる可能性があります。

コスト削減対象その3:集約できる経費

例えば、同じビル内で幾つかのフロアを借り、それぞれの階で営業をしているなどのような場合、一つのスペース(ワンフロア)で業務を行える広さのオフィスに移転できれば、各階に分散していた様々なものを集約できます。

具体的には、何台も設置していたコピー機や自動販売機などの台数を最小限の数で抑えられることになったり、そうした重複している様々な物の数を減らせれば、それだけコストの削減効果があります。

コピー機などは、リースなどでコストが発生するだけでなく、管理にある程度の手間暇もかかるものですから、そういった管理の面でもメリットが生まれます。他にも、設置台数が減ることは設置スペースも削減できますので、大幅なコスト削減も図れることに繋がっていきます。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)