オフィス移転のコスト(費用)の目安は?|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

オフィス移転のコスト(費用)の目安は?

オフィス移転はどういった費用が必要か

オフィス移転は長い時間を要するものですが、費用の面から言ってもかなりのコストがかかるものです。

そうしたオフィス移転にかかるコストというのは、その規模や立地などの条件によって大きく変わるものなのですが、それはどういった要素や要因で成り立っているのでしょうか。

もし、そうしたことを知っていないと、オフィス移転に際しての予算が組みづらくなってしまいますし、実際に移転に踏み切れなくなってしまうことにも繋がりますので、オフィス移転にかかるコストの大ざっぱな目安について、このコラムでご紹介したいと思います。

オフィス移転コストの内訳例

まず、引っ越し業者の作業員や車、梱包資材、箱詰め開封などにかかるコストである「引っ越し費用(物品の移動作業のみ)」で、大体社員一人当たり(以下、/一人と表現します)2~3万円程度かかります。

内装やレイアウトの間仕切りにかかる工事費「内装費」が、一般的には坪単価約10万円となります。※内容やグレードによっては坪単価がそれ以上かかるケースもあります。

次に電気工事や通信工事にかかる「インフラ整備費用」として、5~8万円/一人であるとされています。そして個人用のイスや机周りのものなどの「什器購入費用」で多いのが、5~10万円程度のコストです。中古を購入すればこれらは価格を抑えられます。

この他に、賃料や保証金、敷金などのコストがかかりますが、この点はオフィスによって様々です。大まかに言えば、オフィス移転にかかる費用はこういった内訳をご紹介できます。

もちろんグレードの高いオフィスなどを求めたりすれば、ここでご紹介したコスト例を簡単に超えますので、これらは、あくまで参考価格に留めておいてください。

そして、要チェックな原状回復工事費用

オフィスを借りた時の状態に戻すことを、「原状回復」と言うのですが、このための工事というのが思いの外、高額な料金がかかります。

そのビルのグレードを始め、その他の条件を組み合わさって考えますので、様々なケースのコストが考えられますが、業者に見積もりを依頼してみると、坪当たり2万円~5万円程です。ただ大規模なオフィスなどでは、坪当たり5万円~10万円ほどはかかってしまいます。

ちなみに、原状回復工事は必ず行う必要があり、というのも賃貸借契約で、借りている側は退去する日までに原状回復をしてからの退去をするように義務付けられていることがほとんどだからです。

そのため、先ほどご紹介したコストの把握ももちろん大事なのですが、オフィス移転のコストを考える場合は、それ以上に重大な「原状回復工事費用」の見積もりを取るなどして把握することが最重要項目なのです。

この原状回復のための工事は、そのオフィスを借りる際に交わした契約(及び契約書)の記載内容によっては、貸している側が指定した工事業者に依頼しなければいけない、といった制限をされている場合がありますから、契約書の確認は必須です。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)