『オフィス移転で得られる求人/採用活動へのポジティブな影響』|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

『オフィス移転で得られる求人/採用活動へのポジティブな影響』

オフィス移転が求人や採用活動に与える効果

オフィス移転を行うことは数々のメリットがあり、上手く移転することで会社により良い流れを生み出すきっかけとなってくれます。

そのメリットの中には、賃料などのコストカット効果も期待できますし、求人や採用活動へも好影響を与えてくれるメリットもあります。

上手にオフィス移転を活用していけば、より良い効果を期待できるようになるのです。

例えば、IT系の企業であるなら、広いオフィスに移転をし、それぞれのエンジニアのために広々とした自分のスペースを確保できるような環境を作れば、優秀な人材を集めるための強力な武器となります。

他にも、フロアやトイレが清潔に保たれているきれいなオフィスに移転をすることで女性社員の仕事のモチベーションが上がる効果もあります。

こうした働きやすさの向上効果は、既存の社員に対しても、そして何より新たに入ってくる社員に対しての定着率も上げてくれますので、求人や採用活動において、より優秀な人材が入ってくる可能性を上げつつその人材が長く働いてくれるという大きなメリットに繋がっていきます。

立地やビルが求人や採用活動にも影響を?

オフィス移転をすることで求人応募数が劇的に変わった……ということが実際に起っています。

全く同じ内容の求人だとしても、オフィスの場所(立地)によって求人応募数が変化するのです。あくまで一例となりますが、渋谷の割合を100として比較した場合、千駄ヶ谷では80、上野では50ほどの応募数の割合に違いがあったというケースもあるようです。このように、通いやすい立地やイメージの良い立地にオフィス移転をすることで、求人の応募数を増やす効果が確かにあります。

そうしたイメージの話は立地だけでなく、そのビルのイメージの良さが求人応募数の増加に影響を与えることもあります。

例えば、知名度のない「□□ビル」から知名度の高い「△△ビル」という物件名にオフィス移転をしたり、圧倒的な知名度を誇る「〇〇ヒルズ」にオフィス移転をしたら、求人の応募数が激増したケースもあるのです。

今は、グーグルストリートビューなどでその会社がどういったオフィスに入居しているかなどは容易に調べられます。

そういったもの活用して、オフィスの外観のイメージを事前に調べてから応募をする求職者は実際多いのです。

ですから、立地やビル自体のイメージや環境の良いところにオフィス移転をすることで、求人に驚くほどの高効果を得られる可能性もあるのです。

まとめ

オフィス移転は求人といった面でも大きなメリットがあるものです。

ですが、これは上手くオフィス移転をした結果であり、むしろ働きやすさが損なわれてしまうオフィスに移転をしてしまったりしては逆にモチベーションが下がり、離職率の上昇などのネガティブな可能性が生まれるリスクもあります。

そのため、しっかりとした計画とビジョンを持った有効なオフィス移転を目指す意識が大事になってきます。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)