『オフィス移転での祝い花の定番は!?』|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

『オフィス移転での祝い花の定番は!?』

花の選び方と花のタイプの定番紹介

オフィス移転のお祝いとして花を選ぶ際、どのような花が良いのか悩むことはないでしょうか。

相手の方に失礼のない花や、好印象を与えられる花はどれなのか、このコラムではそれらオフィス移転のお祝いで贈る花の選び方についてピックアップしてご紹介していきたいと思います。

お祝いの花の定番をはじめ、それぞれの花のタイプの特徴や注意点なども合わせてご紹介していきますよ。

オフィス移転での祝い花を選ぶ時のポイント

まずご説明したいのは花の選び方のポイントとして、縁起の良い花言葉や意味を持つものを選びましょう。

例えば、花言葉に「門出」を持つスイートピーや、「希望」のガーベラ、「栄華」のダリア、そして後述もする「幸せが飛んでくる」の胡蝶蘭などが特に縁起が良く定番な花です。

他にも相手の方(贈り先)のことをしっかりと考えることも大事なポイントです。贈り先のイメージや雰囲気に合った色合いの花を選ぶようにするべきで、例えば会社や店舗にコーポレートカラーがあるなら、その色を中心にアレンジをしたものを贈ると喜ばれるかと思いますので、オススメです。

また同様に、贈り先のスペースに合った大きさの花を選びましょう。相手の都合を無視した大きさのものを贈ってしまっては、迷惑になってしまいますので、必ず贈り先のスペースは考慮と配慮をして選ぶようにしてください。

オフィス移転でよく贈られる祝い花

先ほどご紹介しましたが、「胡蝶蘭」はとても縁起の良い花言葉を持っていることから、オフィス移転での祝い花の定番です。

失礼のない花を贈りたい・間違いのない花を贈りたい場合などに選ぶと安心できる花だと言えます。

これを選ぶ時の注意点は、飲食店やクリニックといった場所に贈る際は、花粉の出る花や香りの強い花は避けましょう。

また鉢植えのものは、かなりの場所を取ってしまいますので、相手の方に予め室内にスペースが余分にあるかを確認しましょう。

もう一つオフィス移転の祝い花として定番なものが、「観葉植物」です。インテリアにもなりますし、空気の清浄化効果もありますので、観葉植物もよく選ばれております。

そうした定番なものを贈りたいといった贈り方だけでなく、育て方によっては、何年も楽しめることから、いつまでも長く楽しんでほしいという贈り方にもピッタリです。

ですが、世話に手間がかかってしまうと嫌に思ってしまう方もいますので、できるだけ手間のかからないものを選ぶようにするのがポイントです。

そして、これも鉢植えのものや背の高いものは場所を取りますので、先ほど同様に相手の方のスペースを確認することには注意しましょう。

これら二つで置くスペースの注意点を挙げましたが、相手のオフィスにこうしたスペースがあまりないのでしたら、「アレンジメント」や「ブリザーブドフラワー」という選択もありです。

ただブリザードフラワーについては注意が必要で、お祝いには生花を選ぶという考え方を持っている方もいますので、もしどちらか悩んだ場合は生花であるアレンジメントフラワーを選ぶ方が無難です。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)