オフィス移転のスケジュール|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

オフィス移転コラム

オフィス移転のスケジュール

オフィス移転が決定、プロジェクトチームも発足し、なんと自分がその担当に。オフィスの移転となると、何から手をつけたらいいのでしょうか?「まずは物件さがし?」いえいえ、その前にスケジュールを立てなければなりません。
実は多くの担当者がスケジュール作成に頭を悩ませているのです。

オフィス移転までの流れ

まず、移転までの流れをざっと紹介します。

1. まずは解約予告期間を確認&移転希望日を確定

移転に際しては、ビルのオーナーさんや管理会社に対して現オフィスの契約解除を予告しなければなりません。 これを「解約予告」と言います。 6ヶ月前に解約希望日を提出するのが一般的ですが、これについては契約書をしっかり確認しましょう。

オフィスの移転には規模の大小にもよりますが、大まかに言って半年~8ヶ月ほどの期間がかかります。 解約予告期間を踏まえた上で、移転希望日を選びます。

移転に関わる1つひとつの作業を詰めていくのではなく、移転希望日から逆算したスケジュールの全体像を把握することが、オフィス移転成功のポイントです。

2. 原状回復条件の確認

現オフィスを明け渡たす際には原状回復をする義務があります。 その方法や条件について確認が必要です。

3. 移転先の選定

移転の目的や立地条件を考慮し、移転先を選定します。

4. スケジュール立案

移転日を決定し、それを基にスケジュールを立案します。 ポイントは「何を」「いつまでに」。

5. オフィスプランニング

新オフィスが決定したら、レイアウトを立案します。 効率的に働けるオフィスを実現するための重要な作業です。

6. 内装・設備・インフラ工事

新オフィスで必要となる内装や電気などのさまざまな工事を行います。 それぞれの業者との打ち合わせや調整が必要です。

7. 引越し

スケジュールを制する者はオフィス移転を制す

新オフィスに移転するには多くの段階を踏むことがわかりました。移転した直後から通常業務がはじまるので、綿密なスケジュールの立案は欠かません。まさに「スケジュールを制する者はオフィス移転を制す」なのです。

次に何をいつやるかを具体的に落とし込んでみましょう。規模の大小にもよりますが、基本的なスケジュールは以下のとおりです。

6ヶ月前
  • プロジェクトチームの立ち上げ
  • 解約予告
  • 原状回復条件の確認
  • 物件探し・確定
5ヶ月前
  • 移転スケジュール立案
  • 業者の選定
  • 内装・レイアウト確定
  • 什器などの選定
4ヶ月前
  • 原状回復工事の打ち合わせ
3~2ヶ月前
  • 内装・インフラ・レイアウト工事施行
  • 不要品の買取
  • 引越し業者との打ち合わせ
1ヶ月前
  • 工事完了検査
  • 移転
移転後
  • 廃棄物の処置・原状回復工事
  • セキュリティ工事
  • 各種事務手続き

このすべてをプロジェクトの担当者だけで行うのは至難のワザ。
「移転日にまでに準備が間に合いませんでした~」では済まされません。

そんな時には移転のプロにご相談ください。
オフィス移転バスターズなら、物件探しから移転後の廃棄物の処分に至るまで、ワンストップでサポートします。
それぞれのお客様の要望にそった綿密なスケジュールをたて、オフィス移転を必ず成功させます。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)