オフィス移転費用の相場|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

オフィス移転コラム

オフィス移転費用の相場

オフィス移転費用は移転自体に全く同じ条件のものがなく、比較も難しいのが実情。 ここではまず、東京のオフィス移転のだいたいの相場を紹介します。

オフィスの移転は、一般的な移転業務のメインである運搬作業に加えて、さまざまな付帯業務が関係してきます。 ですから、オフィス移転専門の業者を選択し、複数から見積りをとることをおすすめします。

東京の相場は?

基本的にかかるコストは、デスクや椅子、什器、パソコンなどのOA機器類などを旧オフィスから新オフィスまで物理的に移動する費用です。 社員1人あたり30,000円前後だと言われています。 ただし、業者によって、作業に含まれる範囲が異なる場合が多いので注意が必要です。 また新オフィスの条件、例えばエレベーターの有るか無いか、階段や通路の幅、クレーン車による作業が必要かどうかなどによっても変わってきます。

オフィスの移転の場合、企業の規模や業務内容、転居先の物件の条件など、何1つとして同一のものはありません。 そのため、オフィス移転には、わかりやすく決まった単価というものがないのです。 各企業のニーズに応じたオプション料金で全体の移転費用は大きく変わってきます。 単に金額にこだわるのでなく、どこまでやってこの金額という、コストパフォーマンスを重視すべきなのです。

相場より安くオフィス移転する裏ワザとは?

なかなか相場が分かりにくいといっても少しでも安く移転を実現したいのがどの担当者にとっても本音といえるでしょう。

例えばオフィス移転の時に必ず発生するのが大量の廃棄物。 これを処分するだけでもそれなりのコストがかかってしまいます。オフィス移転バスターズは、オフィス移転の専門家であるだけでなく、新品あるいは中古品のオフィス家具や什器、OA機器を幅広く取り揃えていることが特徴です。 また、オフィス移転バスターズはオフィス移転に必要な「第一種貨物利用運送事業」のほか、廃棄物運搬を依頼できる「産業廃棄物収集運搬業」、「宅地建物取引業」「内装仕上工事業」の許可を取得しているのです。

さらに、不要となったオフィス家具類の買い取りが行える「古物商」も免許も持っています。もちろん新オフィスで必要となる中古オフィス家具も格安で購入できます。

オフィスバスターズの最大の強みは、オフィス移転にともなって発生するオフィス家具や什器、OA機器類などの適正価格で買い取りできる点です。 オフィス移転費用から買い取り料金を差し引くこともできるのです。 あるいは、新オフィスで必要となるオフィス家具を、ラインナップ豊富な中古商品の中からお得な価格にて購入し、引越し時に併せて搬入することも可能なのです。 移転時に発生する不要品の買取と新オフィスでの家具・什器の搬入をオフィスバスターズに一括して依頼することで、引越し費用が相場よりかなり安くすることも可能です。 こういった裏ワザを駆使しして、上手に移転コストを削減しましょう。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)