オフィス物件選びのポイントは?|オフィス移転の窓口(オフィスレイアウト・オフィス引っ越し)

オフィス移転コラム

オフィス物件選びのポイントは?

「うちのオフィスもそろそろ移転するか」とオフィスの移転自体が決まると次は「どこに移転するか?」がポイントになってきます。 でも新オフィスの物件さがしを始める前に、どんなことに注意すればよいかを整理しておきましょう。

まず現在のオフィスで改善したい点を明らかに!

何か問題、あるいは「ここをこうすればうちのオフィスはもっとよくなる」といったことがあり、それを解消するためにオフィス移転という選択肢を結論づけたわけなのですから、まず、現オフィスの改善点を明確にしましょう。 そして、改善したい点の優先順位を設定しましょう。

物件選びのポイント

次に改善点を解消できる物件選びです。

立地条件

立地条件は最大のポイント。 社員の通勤時間や営業活動などの利便性を重要視し、どのエリアにするかにはじまり、路線、最寄駅を考慮しましょう。
最寄りの駅から実際に歩いてみたり、業務上不可欠な銀行や郵便局の位置、食事をとれる場所、コンビニがあるかなど、社員に不便が生じないかをチェックしましょう。 駐車スペースの確認も必要です。
また、主要な取引先までの距離なども試算しておきましょう。 さらに、他にどんなテナントが入っているかも要チェック。 入居しているテナントによってビルの評価も変わってきますし、社員のモチベーションやお取引先への影響もあります。

面積

一体どのくらいの面積が新オフィスでは必要とされるのかを割り出しましょう。
現在のオフィスは実際に狭いのでしょうか、それとも広いのでしょうか? 会議室や応接室にどんな過不足が生じているのでしょうか。
こういった点を考慮し、最適な面積はどの程度か、そして予算はどの程度さけるのか明確に計算しましょう。

設備

新オフィスには必要な設備は何でしょうか? 天井や天井の仕様はどうでしょうか。 天井や低いと、圧迫感があり、オフィスが重苦しい雰囲気に。 また、床の耐久は問題ないでしょうか?
このほか、多くのパソコンを使用する場合は通信設備や電話回線が充分かどうかのチェックが必要です。
大きなチェックポイントを列挙しただけでこんなにあるのです。
残念ながら100%ニーズを満たす理想のオフィスを限られた予算で見つけるのは非常に困難です。 何を1番に考えるか、優先順位をつけておくことが非常に重要です。
面倒な物件探しをお手伝いさせていただきます!
別件探しだけでも注意すべき点が数多くありますね。 けれども物件探し以外にもオフィスの移転に際しては、やるべきことがたくさん。 はたしてオフィスのニーズに合う物件が見つかるのかと不安に思ってしまう担当者の方もいらっしゃるでしょう。 そんな時には、物件探しから、引越し、新オフィスの家具や什器、OA機器の手配など、一括して最適な提案をするオフィス移転バスターズにお任せください。 まずはオフィス移転に関するさまざまなニーズをヒアリングし、精査したうえで最適な物件をご提案します。

無料見積りシミュレーション

■ オフィスの広さ
■ 営業開始時期
■ 社員数
■ 会社名
■ お名前
■ 電話番号(半角)
■ Mail(半角)